院長ご挨拶

緑内障

緑内障とは

視神経という物を見るための神経が何らかの原因で障害されて、視野(物が見える範囲)が狭くなる病気です。眼圧の上昇は、原因の1つと考えられています。

どうして緑内障になるの?

緑内障の原因は、年齢の変化(40歳以上の30人に1人が緑内障)や、生まれつきの目の構造、視神経の強さ、視神経の血流の低下(循環障害)、眼圧の上昇などです。

眼圧って?

正常では、目の栄養水である房水の産生量と排水量のバランスが保たれていて、目の固さ(眼圧)が正常の圧にコントロールされています。しかし、色々な原因でバランスが崩れると、眼圧の変動が激しくなったり、上昇したりして、視神経に負担がかかります。ただ、視神経の強さや血流は個人差があり、眼圧が正常であっても、緑内障が起きることもあります。

緑内障の種類

大きく分けると、2つのタイプがあります。 急激に眼圧が上昇し、吐き気や頭痛を伴い視力低下を起こす急性緑内障と、遺伝性や年の変化で、徐々に房水の流れが悪くなり、数年―数十年かけて視野が狭くなり、視力が低下する慢性緑内障です。

早期発見が大切!

どのタイプの緑内障も進行すると見える範囲が狭まり、放置していると、さらに進行していきます。だから、早いうちに発見し、初期の段階で病気の進行を止める必要があります。

どんな検査が必要?

眼圧
最も簡単にできて緑内障を発見するきっかけになる検査は、眼圧検査です。特に、40歳以上の方は緑内障にかかる頻度が高くなりますので、定期的にチェックしてください。また、時間や季節によっても変化しますので、病状によっては、短期間に何回も測定することもあります。

眼底検査
緑内障になれば、まず視神経に変化が現れます。それを発見するには、経験のある眼科医による眼底検査が必要です。

視野
緑内障の疑いがあれば、視野検査を受けることをお勧めします。この検査の間隔は、病気のタイプや重傷度により異なりますので、主治医に相談してください。

光干渉断層解析装置(OCT)
視神経の解析をします。経過観察するために定期的に行います。

治療は?

もし、緑内障であれば、定期的な眼科通院が必要となります。必要に応じ、点眼(目薬)による治療、レーザー、手術などがありますが、その時期や個人個人の病気の状態で適切な治療の選択が必要ですので、長期的なプランを眼科医と相談しながら決定することが大切です。