院長ご挨拶

白内障

どんな病気?症状は?

白内障は、目の中にあるレンズ(水晶体)が濁った状態で、光が反射したり、目の中に入る光が弱くなり、まぶしく感じたり、見えにくくなったりします。

どうして白内障になるの?

白内障の大多数は加齢による変化で、老人性白内障といわれるものです。他に、先天性(生まれつき)のものや、糖尿病やアトピー性皮膚炎、外傷(けが)、ステロイドなど飲み薬の副作用で水晶体が濁ることもあります。

どんな検査が必要?(当院で行う検査)

視力検査
視力の低下がないかどうかを調べます。特に、近くが見にくくなる場合も多いので、近見視力(近くを見る視力検査)もします。

眼圧
白内障に緑内障を合併する場合もあり、加齢により緑内障の頻度も高まるので、目の固さ(眼圧)をチェックします。

細隙灯顕微鏡検査
顕微鏡で、実際のレンズの濁りを観察します。濁りがあれば、実際にモニターで写真を見ながら説明します。

眼底検査
視神経や網膜に異常がないかを調べます。もし、白内障が進行していたり、視力の低下があれば、眼底に他の疾患を伴っていないか、散瞳(目薬で黒目を広げます)して詳しく調べる場合もあります。

予防法は?治療は?

年齢による変化のため、進行を完全に止めることは難しい病気です。少し、進行を遅らせるための点眼薬がありますが、視力低下が進行し、日常生活に支障が出れば手術を受けることをお勧めします。ただ、生活状況は個人差が大きく、緊急性は無い場合がほとんどなので、手術の時期については主治医と相談して決めるのが良いでしょう。

白内障手術について

白内障の治療法は?

白内障の治療としては点眼薬と手術が一般的ですが、点眼薬には濁ってしまった水晶体(レンズ)を透明にするという効果はないので、ある程度濁りが強くなれば手術が必要になります。

手術の時期は?

各人の生活により適応時期には差がありますが、昔のように全く見えなくなるまで放置してから手術を受けると手術予後が悪くなる可能性が高いので、生活に支障が出ればそろそろ考えてよいと思います。手術時期の目安は下記の通りです。

  • @

    老眼鏡をかけても近くを見るのが困難になり、生活に支障を感じる。(近見視力低下)

  • A

    遠近感が悪くなり両眼で物を見にくくなっている場合や、屋外など光の当たる場所や夜間の運転時に非常に見えにくくなって困る場合。

  • B

    職業上や運転などで良好な視力が必要な場合は、比較的早い時期に適応となります。(運転免許には矯正視力0.7以上が必要)

  • C

    眼をすでに手術している場合、他眼が比較的視力が良くても適応になることがあります。

手術の方法は?

現在どの病院でも一般的に行われている方法です。(水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ移植術)

眼内レンズ

レンズは直径6mm程で、後嚢に固定するためにループがついています。眼内レンズをいったん挿入すれば、取り替える必要はありません。