院長ご挨拶

弱視

弱視とは、遠視、高度近視、乱視、斜視、眼瞼下垂などが原因で、視力の発達期である幼少時に正常な視力の発達が妨げられる状態のことです。10歳頃までに視機能が発達しないと、一生そのままの状態になります。

なるべく早い時期に発見し、治療を始めることが重要ですが、視力検査を初めて受けるのは小学生になってからというケースが多く、片目の弱視の場合は特に、一般の生活には何も支障なく過ごせるので、家族の方は気付かないで発見が遅れる場合があります。ほとんどのお子さんは3歳になれば一般の視力検査が可能ですので、是非眼科に一度受診していただきたいです。

原因によって治療方法は違ってきますが、不同視弱視(片目だけ、遠視や乱視がある)なら、適切な眼鏡をかけ、毎日指示した時間は良い方の眼にアイパッチという眼帯をして、わざと普段使っている方の目をかくします。こうして、視力が弱い弱視の目を、眼鏡でくっきり見える状態で、目を使う作業(読書、お絵かき、テレビなど)をするように指導します。

斜視、眼瞼下垂、先天白内障などが原因の場合は、手術が必要な場合もあります。その時は、子供病院や大学病院など専門の施設に紹介し、術後の訓練は術施設と連携しながら当院で続けます。